新型コロナが世界中で猛威を振るう中、コロナワクチンへの期待や新大統領への根拠のない期待から米国株価は最高値を更新し続けています。

トランプ大統領が4年前に当選した時も、当選後から就任までの間に大きく上昇して就任後に期待外れでくすぶった記憶がありますし、バイデン政権が大企業や富裕層への増税も行う可能性もあるので、株価にはマイナスになりそうな気がします。

ということで、他の投資家が期待に沸いているうちに手を引いておくのが良いかもしれません。

S&P500について

さて、それではS&P500のチャートを見てみましょう。

S&P500は、コロナショック以降は順調に上昇トレンドを維持し、3700ドルを超える過去最高値水準で推移しています。

ずっと利益確定時期がわからなかったS&P500ですが、最高値水準ということでこれ以上は大きな利益は見込めなさそうなので、ここらで投資を手仕舞いしておきましょう。

来年以降で期待がはげ落ちて下落した際にまた仕込めるように・・・

恐怖指数VIXについて

恐怖指数VIXのチャートを見てみましょう。

恐怖指数VIXの現物は、コロナショック後は大統領選で上がったもののそれ以降はじりじり落ち、20を割る手前で足踏みです。

株価は絶好調なのにVIXはあまり落ちておらず、なかなか正常水準の20以下になりません。

コロナが収まっていなくて不確実性が高く、業績が悪いところはとことん悪いですからね。

コロナで弱ったところにさらに未知のショックが起きればまた一気に急騰しかねない・・・そういうところを考えるとVIXショートはしにくい・・・といったところでしょうか。

投資について

現在のポジションは、以下の通りです。

【インデックス投資】
米国S500 [買]:$2,400.0 × 100単位 → $3700で利益確定
☆米国S500は現在$3,707.4

コロナショックから長々と保有していたS&P500インデックスのロングを利益確定です。1.5倍以上になり、利益は13万ドルで税を引いて1000万円以上の利益となりました。

今後の投資方針としては、株価暴落の凶兆であるヒンデンブルグオーメンが点灯したらVIXロングを仕掛けるといった感じでしょうか。

当面点灯しそうにないので、しばらく静観になりそうです。

休むも投資ですね。

それでは!

VIXや原油取引はGMOクリック証券のCFDを使ってます!