2020年10月の相場が終了しました。

今月は大統領選を前に、神経質な値動きでした。

日経平均は先月末から今月末にかけて、
23,185.12円 → 22,977.13円と、-0.90%

新興株投資のアクティブ運用で話題の「ひふみ投信」だと、
55,830円 → 54,891円と、-1.68%

コツコツ長期投資型の人気インデックス投信「セゾン バンガード・グローバルバランスF」は、
15,880円 → 15,547円と、-2.10%

今月は、大統領選を前に後半にかけて急落した影響でパフォーマンスが悪化しています。米株に投資するファンドはやや悪かった感じでしょうか。

GMOクリック証券CFDの米国VIは、
30.37 + 1.09 → 34.00で +8.07%
と久しぶりにVIXロングが勝利となりました。

大統領選前にVIXが上がるのは仕方がないことです。

どちらに決まっても、イベント終了ということでVIXは大統領選後に下がるのではないでしょうか。さすがに今の水準はずっと続けるには高すぎる気がします。

今月の資産状況

さて、今月の資産状況は以下の通りです。

2020年9月末 → 2020年10月末
¥73,844,923 → ¥73,431,795(-413,128円)

今月も、投資しているS&P500が値下がりしているので、資産を減らしました。

大統領選前の急落に対して、逃げられなかったという感じで、インデックス投資家のように、ここはホールドするしかないでしょうね。

大統領選が終われば、どちらが勝つにせよ落ち着くと思いますし。

今後の投資について

来月は上旬に米大統領選があって、それが終われば落ち着くと思うので、S&P500は放置するしかないですね。

あとは、大統領選前に高まったVIXをショートするのは勝率が高そうなのでここで一儲けできないか今年最後?の小勝負に出たいと思います。

それでは!

VIX取引はGMOクリック証券のCFDを使ってます!