さて、5月物WTI原油価格がマイナスになってから非常に不安定だった原油相場ですが、コロナの収束や規制緩和が見えてきたこともあり、ようやく正常化しそうな雰囲気です。

チャートを見てみましょう。

ここ数日でようやく20ドルを超えて、25ドルくらいに戻ってきています。

楽しい暴落相場は終わったのか、はたまたまたSQが近づくと暴落するのかはわからないですが、一安心といったところでしょうか。

投資について

現在のポジションは、以下の通りです。

【VIX投資】
米国VIブルETF [売]:$36.17 × 100単位
米国VIブルETF [売]:$58.34 × 500単位
米国VIブルETF [売]:$60.00 × 500単位
☆米国VIブルETFは現在$42.95

米国VIベアETF [買]:$28.84 × 3000単位
☆米国VIベアETFは現在$32.60

【インデックス投資】
米国S500 [買]:$2,400.0 × 200単位
☆米国S500は現在$ 2,875.2

【原油投資】
原油 [買]:$17.04 × 200単位
☆原油は現在$ 25.67

前回とポジションは変わらずです。

原油は6月物を10ドルで買ったものに7月物への切り替えで7.04のコンタンゴとなり、同値ロスカットをセットしていたのですが、なんとか引っかからずにロングポジションを維持したまま回復してくれたようです。

ここから、押し目でどんどんロングしていっても良いのですが、原油投資は勝率が低いのでこのくらいのポジションにとどめておこうと思います。

VIX、インデックス、原油と仕込み終わったので、今後は当面放置ですね。

コロナショックからの回復を祈りつつ、しばらく退屈な日々になりそうです。

それでは!

VIXや原油取引はGMOクリック証券のCFDを使ってます!