2020年4月の相場が終了しました。
今月は、コロナショックが底打ちし、そこから回復しながら揉み合いの展開となりました。

日経平均は先月末から今月末にかけて、
18,917.01円 → 20,193.69円と、+6.75%

新興株投資のアクティブ運用で話題の「ひふみ投信」だと、
42,726円 → 45,511円と、+6.52%

コツコツ長期投資型の人気インデックス投信「セゾン バンガード・グローバルバランスF」は、
14,063円 → 14,515 円と、+3.21%

今月はコロナショックの恐怖に負けずにお買い得と買い向かった人が勝利を収めていると思います。世間での投資信託の販売も順調だったので結果としては儲かっている人が多いのではないでしょうか。

GMOクリック証券CFDの米国VIは、
46.73 – 4.06 → 33.94で -20.5%
とVIXショートしていた人が大勝利となりました。

今月の資産状況

さて、今月の資産状況は以下の通りです。

2020年3月末 → 2020年4月末
¥58,311,249 → ¥66,087,829(+7,776,580円)

今月は、先月に仕込んだS&P500の全力インデックス投資が功を奏して大きく利益をあげています。また、VIXが下がったことでVIXショートの利益が出たというのもあります。

S&P500インデックス投資は底を確認してから良いタイミングで仕込めたと思います。

コロナ後の世界を考えると、S&P500やナスダックが最有力ですからね。

今後の投資について

現在、VIXショート投資とS&P500に投資に加え、あまり大きくはないですが原油ロング投資もしています。

VIXとインデックスの仕込みは完全に終わっているので、あとは原油をどうするかですね。

原油はとても楽しそうな相場なのですが、リスクは大きいし、あまりポジションサイズを大きくしてまで利益を追求する意味もないので、ほどほどにしておいた方が良いのだろうなという感触です。

つまり、来月はポジション維持で放置する方針です。

コロナも落ち着いてきてますし、暇な相場になりそうな予感がします。

それでは!

VIX取引はGMOクリック証券のCFDを使ってます!