2020年3月の相場が終了しました。
今月は、コロナショックでリーマンショック以来の暴落相場となりました!

日経平均は先月末から今月末にかけて、
21,142.96円 → 18,917.01+178(配当落ち分)円と、-9.68%

新興株投資のアクティブ運用で話題の「ひふみ投信」だと、
43,770円 → 42,726円と、-2.39%

コツコツ長期投資型の人気インデックス投信「セゾン バンガード・グローバルバランスF」は、
15,473円 → 14,063 円と、-9.11%

アクティブ投信のひふみ投信の調子が良かったみたいです。反面、インデックス投資は結果としてかなりダメージを受けているようですね。

今回のコロナショックの場合、医療などの業種が儲かって、観光・外食などの業界が凋落するかがはっきりわかるので、インデックスよりはアクティブの方がアセットアロケーションで守りやすかったということかもしれません。

積み立てNISA等でインデックス投資ブームが来ていましたが、大衆がのっかったものをあざ笑うのが相場なんですよね・・・。

私がVIX投資で使っているGMOクリック証券CFDの米国VIは、
26.28 -7.79 → 46.73で +152.73%
とVIXロングしていた人が超大勝利となりました。

今月の資産状況

さて、今月の資産状況は以下の通りです。

2020年2月末 → 2020年3月末
¥57,209,521 → ¥58,311,249(+1,101,728円)

今月は、VIX急騰でものすごい含み損が出ましたが、トリプルウィッチングを超えてからVIXが急落したため、なんとかプラスです。

VIX上昇の勢いが凄まじい時はVIXロングも混ぜつつ、なんとか耐えきりです。こんな相場10年に1度しかないですね。かなり刺激的でした。

今後の投資について

現在、VIXショート投資とS&P500に投資中ですが、4月中にニューヨーク州のコロナ感染がピークを超えそうなので、もっとVIXショートをガンガンしても良いかと思います。

米国株価が下がるにしても、だいぶ値幅が小さくなってますからね。序盤は多量の死者が出て2番底をつけるかもですが、そこを越えたらじりじり回復トレンドになるのではないでしょうか。

それでは!

VIX取引はGMOクリック証券のCFDを使ってます!