今週の米国相場は、月曜に史上最大の暴落、 史上最大の火曜に暴騰、水曜に暴落、木曜に月曜を超える史上最大の暴落、金曜に火曜を超える史上最大の暴騰という歴史的な相場となりました。

やはり流動性が少ない中でのAI任せの電子取引ゆえの値幅なのでしょうね。

アメリカ・ドイツ・フランス・イギリスなどの主要国の新型コロナウイルスの感染拡大は続く一方です。

ただ、中国は新規感染者が頭打ちで終息が近く、経済活動が再開していること、韓国も入院患者数が退院患者を下回ってピークを迎えたとのことから、しっかり対策をすれば2カ月で沈静化して終息に向かうのかなといった感じで、先が見えてきました。

金曜日はアメリカが非常事態宣言を出し、財政出動が約束されて回復しましたが、大事なのは来週月曜日の相場です。

これまで金融緩和などのいろんな対策を出して1日だけ回復しましたが、戻り売りポイントにされて翌日には暴落してますから、しっかり耐えられるかどうかといったところです。

VIXの原資産であるS&P500の日足チャートを見てみましょう。

VIXの原資産であるS&P500は、2500ポイントを割りこんだものの反騰し、2711ポイントまで戻しています。

とりあえず、下げ過ぎていたから大きく戻したという 「 デッド・キャット・バウンス (高いところから落とせば、死んだ猫でも跳ね返り)」といった感じです。

来週はFOMCでアメリカはゼロ金利に突入する可能性もありますし、米株の先物オプションのメジャーSQ(トリプルウィッチング)もありますから、予断を許さない状況ですね。

恐怖指数VIXについて

恐怖指数VIXの日足チャートを見てみましょう。

VIX現物は、一時77.6まで上昇し、57.8まで戻していますがそれでも超高水準です!

値上がりをしている割にあまり下がらないのは値幅が大きすぎるせいでしょう。一日の上下の幅も半端ないですからね。

ただあまりにもVIXが高すぎるので、値幅が縮まれば多少の下落でもVIXは下がる気がします。

VIX先物カーブも見てみましょう。

前日と比較して、現物の下げ幅の割にVIX先物は、取引の中心となる4月物があまり落ちておらず、期先物の方が下げ幅が大きいくらいです。

普通であれば期近物ほど大きく動くものなのですが、それだけVIX先物投資家がVIX先物を割高でもロングしているということでしょう。

その目論見がどうなるかといったところでしょうか。

さて、この超高水準のVIXを維持するには暴落しかないですが、暴落するネタがあるかどうか。

感染拡大はほぼすべての主要国で起きてしまってますし、中国では終息見込み、リーマンショックのように信用危機への連鎖はどうでしょう?

バーゼル規制で強化された銀行資本やCoCo債などの有事でクッションになる永久債などの仕組みも取り入れて、銀行が倒れることは起きにくいでしょうし、強欲な投資銀行の自業自得と違って自然災害は政府からの強い救済がありますからね。

投資について

現在のポジションは、以下の通りです。

【VIX投資】
米国VIベアETF [買]:$52.24 × 1000単位 → $35.15 で損切り
米国VIベアETF [買]:$48.91 × 1000単位 → $35.15 で損切り
☆米国VIベアETFは現在$34.99

米国VIブルETF [売]:$36.17 × 100単位
米国VIブルETF [売]:$38.98 × 900単位
米国VIブルETF [売]:$58.34 × 500単位 (New!)
☆米国VIブルETFは現在$57.03

【インデックス投資】
日本225 [買]:20,700円 × 50単位 → 17,750円で損切り
日本225 [買]:17,200円 × 50単位
日本225 [買]:16,741円 × 50単位 (New!)
日本225 [買]:16,742円 × 150単位 → 17,750円で利益確定
☆ 日本225 は現在 17,811円

3/13は四半期に一度のメジャーSQですので「暑さ寒さもSQまで」ということでSQ算出直前に全力買いです!

日本時間中はSQ後の反動で上がると踏んでいて、午後に上がったので1000円抜きで利益確定とPBR1倍水準で買ったポジションの損切りで利益相殺してポジションを再び100単位に戻しています。

ここから先は長期投資視点から放置しつつも、暴落が起きたときは先物の買戻し狙いで強くロングしてリカバリーするかといったところでしょうか。

NY時間に入り、米国VIブルETFの売り規制がいったん解除されたので、米国VIベアETFを損切りして乗り換えです、330万円くらいの損失確定です。

ポジション建てた後にVIXが急騰してふて寝したらなんとか週末手仕舞いでVIXは戻ってきた印象で、こちらも予断を許さないですね。

今後は、VIXが峠を越えてある程度安定するのを確認してから、さらにショート追加していこうかと思います。

あとはコロナ関連のバッドニュースには素直に従う相場なのでデイトレで米国VIのロングをするかもしれませんが、よほどのバッドニュースじゃないとやらないと思います。

それでは!

VIXや原油取引はGMOクリック証券のCFDを使ってます!