今日はトランプ大統領のテレビ演説があり、新型コロナウイルスの流入を防ぐために、英国を除く欧州からの入国制限を発表し、このトランプショックで相場は大荒れとなりました。

前日もダウは1000ドル以上急落しているのに本汁も2000ドル近く値下がりする場面もありました。

このペースで下落すると、2週間で株価はゼロ円になりそうな勢いです。

それでは、S&P500指数の日足チャートを見ておきましょう。

VIXの原資産であるS&P500は、さらに下落して2500-2600ポイントを推移しています。2/19に過去最高値の3378ポイントを付けたときから25%ほど下げています。

トランプ大統領のことだから、なにか気前の良い経済対策でも出すかと思いきや、EUからの入国制限ですからね。

これは明らかなバッドニュースで仕方ない反応です。

ただまぁ、アメリカで強い制限をかけて経済に影響が出るという最悪のシナリオが実現したので、これ以上のバッドニュースはなかなかないんじゃないかなと、材料出尽くし感はあります。

恐怖指数VIXについて

恐怖指数VIXの日足チャートを見てみましょう。

VIX現物は、69.3まで上昇し、現在も65超えの超高水準で推移しています。

相変わらずVIX先物のバックワーデーションも強烈なので、うまく押し目をロングすれば感染拡大の不安に乗って勝ちやすそうです。

ただ、ある日突然はしごを外されるのでよほどのバッドニュースが出ない限りはあまりVIXロングし過ぎるのはまずいでしょう。

投資について

現在のポジションは、以下の通りです。

【VIX投資】
米国VI [買]:$39.85 × 400単位 → $45.91で利益確定
☆米国VI(3月物VIX先物)は現在$44.71

米国VIベアETF [買]:$52.24 × 1000単位
米国VIベアETF [買]:$48.91 × 1000単位
☆米国VIベアETFは現在$34.82

米国VIブルETF [売]:$36.17 × 100単位
米国VIブルETF [売]:$38.98 × 900単位
☆米国VIブルETFは現在$59.34

【インデックス投資】
日本225 [買]:20,700円 × 50単位
日本225 [買]:17,200円 × 50単位 (New!)
☆ 日本225 は現在 17,266円

今日は休みだったので、日本時間10時くらいのトランプ大統領のテレビ演説を見ていたのですが、いきなり英国以外の欧州からの入国禁止という明らかにヤバい対策を打ち出したので米国VIをロングしました。

その後、NY時間開始で米国VIが突然50くらいまでジャンプしたんですね。

これはおそらく、NY時間から始まる米国VIブルや米国VIベアの評価損が証拠金を圧迫して、米国VIショートの人のロスカットが発動したためなんじゃないかなぁと思います。米国VIブルは50の大台を超えましたからね。

もうちょっと反射神経が良ければそこでシュバっと利益確定できたんですけれどね。米国VIが急速に下がるのを見て慌てて手仕舞いでした。

ただこのVIXロングで今まで損切りした分の損失を取り戻しましたが、まだ含み損が700万円以上ありますからね。VIXが収まるのを待つばかりです。

あとは、日経平均があまりにも下がり過ぎたので買い増しです。そろそろ余力を使い始めても下げ幅は限られていると思いますからね・・・。

それでは!

VIXや原油取引はGMOクリック証券のCFDを使ってます!