前回の記事「中国の迅速な金融緩和・経済対策で急回復する市場!回復の遅い原油を狙う!(2020/2/6)」で狙っていた原油が下がってきたのでロングエントリーです。

チャートを見てみましょう。

年明けに65ドル目前だったWTI原油価格は50ドルを挟んでの攻防です。

株式市場が急回復したのとは違って、いまだに底値圏をうろついているのでチャンスとみるべきかもです。

投資について

現在のポジションは、以下の通りです。

【原油投資】
原油[買]:$49.80×300単位
☆原油は現在$49.95

【VIX投資】
なし
☆米国VI(2月物VIX先物)は現在$16.01

ということで、原油ロングを始めました。

新型コロナウイルスの流行による中国での原油需要減という悪材料の中ですが、 様々な金融政策・経済対策が期待されたことで株式市場は回復しつつあります。

原油市場は回復する時は株式市場に遅行して、最初は弱く、徐々に力強く回復する傾向があります。

ここはかなり怖い2番底局面ですが勝負です。

それでは!

VIXや原油取引はGMOクリック証券のCFDを使ってます!