米中貿易交渉が一時合意してから続いてきた史上最高値更新相場ですが、香港人権法案へのトランプ大統領の署名や、ウイグル自治区への弾圧を巡る中国当局への制裁法案が米議会で審議されていること、トランプ大統領が12/15期限で関税引き上げをするぞという中国への脅し、そして低迷する米国ISM製造業指数が重なり、とてもではないが最高値更新なんてできない雰囲気になっています!

それでは、S&P500指数の日足チャートを見ておきましょう。

VIXの原資産であるS&P500は、3113ポイントとようやく史上最高値から下がってきましたがまだまだ高い水準です。

長く苦しい上昇相場でしたが、ヒンデンブルグ・オーメンが予言したように、ようやく暴落相場が始まりそうな気配がします。

恐怖指数VIXについて

恐怖指数VIXの日足チャートを見てみましょう。

VIX現物は、16と節目の15を超えてようやくの急騰です。

空売りポジション量やエネルギーの蓄積機関も十分なので、思いっきり空を飛んでほしいものです。

ここ最近は撤退しながらVIXロングを繰り返す苦しい戦いでしたが、ようやく希望が見えてきました!

投資について

現在のポジションは、以下の通りです。

【VIX投資】
米国VI[買]:$14.00 × 5000
☆米国VI(12月物VIX先物)は現在$15.84

前回に引き続き、VIXロングを継続中です。

11月中旬にヒンデンブルグ・オーメンが点灯してから、近いうちに急落が来るとわかってましたが、相場が強すぎてとても苦しい戦いでした。

逆指値を徐々に上げつつ、材料と市場の反応の様子を見つつですが、悪材料がどんどん湧いてくる感じがします。

今後は、低すぎる水準でVIXショートしてきた人を燃料にしながら、上がっていくVIXを見守り、適度なところで利益確定とVIXショートへの転換タイミングを考えたいと思います。

それでは!

VIXや原油取引はGMOクリック証券のCFDを使ってます!