2019年7月の相場が終了しました。
今月は、FRB利下げによる期待感から底堅く、米株は最高値更新ラッシュを演出するような強気相場でした。

日経平均は先月末から今月末にかけて、
21,275.92円 → 21,521.53円と、+1.15%
新興株投資のアクティブ運用で話題の「ひふみ投信」だと、
45,181円→46,166円で、+2.18%
コツコツ長期投資型の人気インデックス投信「セゾン バンガード・グローバルバランスF」は、
14,654円 →14,910 円で+1.74%です。

今月は、米国の株高に対して日本株、特に日本を代表する製造業の減速が鮮明となって伸び悩んでいた印象です。参院選も微妙に自民党は議席を減らしていましたし、あまり日本株には良いところがありませんでしたね。

私がVIX投資で使っているGMOクリック証券CFDの米国VIは、
15.51+ 1.56 → 16.02で -6.15%
と強いコンタンゴによりVIXショートしていた人が勝利となりました。

VIXは7月末のFOMC後に爆発しましたが、7月末時点ということで区切るとぎりぎりVIXショートしていた人の勝利で、7月中にうまく逃げきれたら大勝利でしたね。

今月の資産状況

さて、今月の資産状況は以下の通りです。

2019年6月末 → 2019年7月末
 ¥47,820,938 → ¥49,186,641(+1,365,703円)

今月はボーナス月というのもありますし、中東情勢が緊迫して一時的にVIXが上昇したときに少しショートをして、株価暴落の凶兆「ヒンデンブルグオーメン」が点灯したのを受けてロング転換して収益を伸ばしました。

今後の投資について

7月末のFOMCでパウエル議長が強気転換して、防御力を失った8月相場は少しの悪材料でも暴落する(今まで過度に上がり過ぎたというのもあるが)と思われるので、全力VIXロングで大勝負です!

久しぶりのチャンスですので、うまく乗れたら良いなと思います。

それでは!

VIX取引はGMOクリック証券のCFDを使ってます!