さて、相変わらず退屈な相場が続いています。今週は少し相場の反落がありましたが結局それも元に戻りました。

それでは、S&P500指数の推移を見ておきましょう。

S&P500は2664.76と先週とほぼ変わらずです。12月の急落前のレンジに素早く戻った後で、今は揉み合い始めたところでしょう。

今週末は、1か月に渡る米国政府機関閉鎖がトランプ大統領が譲歩する形でようやく解除されました。もともとあまり悪材料視していなかったので、大した好材料でもなく、やはりFRBがハト派に寄ったことが下支えしている感じだと思います。

恐怖指数VIXについて

恐怖指数VIXのチャートを見てみましょう。

VIX現物は、36を超えたクリスマス以降の下げ基調が続いています。今週は一時的に22まで跳ねる余震がありましたがすぐに収まり、17.42で引けています。

VIX現物は15、17あたりが心理的抵抗線になるのでこの手前で利益確定するのもアリかもしれませんが、しばらく様子見します。

投資について

現在のポジションは、以下の通りです。

【VIX投資】

米国VI[売]:$25.64×4200
米国VI[買]:$10.88×200
☆米国VI(2月物VIX先物)は現在$18.29

【インデックス投資】

1321 日経225連動ETF[買]:19,900円×1000株

☆1321 は現在21,400円

現在は、投資の仕込みが終わって利益を上積みしている局面です。

VIX投資は引き続き、トータルで4000(GMOクリック証券では10で1単位なので400単位)のショートポジションです。

日経225連動ETFへの投資も継続で、日経平均PBR1倍水準で全力買いしたので、じっくり待ちます。

刺激的だった昨年と違って、今年は退屈でしばらくはやることがないですね。

それでは!

VIX取引はGMOクリック証券のCFDを使ってます!