2018年11月の相場が終了しました。
今月は、先月に引き続き、株式市場は下落基調でしたが、終わりにかけて、米金利の利上げペース後退観測が出て回復に向かいそうな状況です。

日経平均は先月末から今月末にかけて、21,920.46円→22,351.06円と、+1.97%
新興株投資のアクティブ運用で話題の「ひふみ投信」だと、46,236円→47,115で、+1.90%
コツコツ長期投資型の人気インデックス投信「セゾン バンガード・グローバルバランスF」は、14,095円→14,397円+2.14です。

ひふみ投信のパフォーマンスが日経平均を下回る状況が何カ月も続いています。先月は急落に伴って日経平均にひどい負け方をしたのに相場が反転しても取り返せないということは単に振れ幅が大きいハイリスクという訳ではなく、運用力と高コストの問題なのでしょう。

やはり、一時的な新興株ブーム終了によって平凡な投信に戻ったのでしょう。12/25に運営のレオス・キャピタルがIPOで上場するのでそこで上場ゴールとなって徐々に落ち目になっていくのではないでしょうか。

やはり、投資をするならアクティブよりインデックスの方が無難です。アクティブが唯一インデックスに勝てるのは、REITくらいでしょうか。

REITに関しては、企業活動と異なり、保有物件の中身が丸見えでしかるべきアナリストが分析すれば良いREITと悪いREITの区別がつきますからね。

また、「セゾン バンガード・グローバルバランスF」は先月のダメージが比較的軽い割に今月のパフォーマンスは良好でした。やはり、債券に分散しているだけあって悪い相場でも耐える良いファンドなのでしょう。

私も、投資の初心者に説明するのが面倒な時は「とりあえずセゾンバンガードを買っとけ」と言ってます。(郵便局でも売ってるくらい普及してるので、買うまでの説明が面倒なネット専用投信と違って楽ですし)

今月の資産状況

今月の資産状況は以下の通りです。

2018年10月末 → 2018年11月末
¥41,245,967 → ¥41,354,944(+108,977円)

今月は、VIXが下がったことによる評価益、記事「想定外の株価急落!だがここでダブルボトム狙いのインデックス買い!(2018/11/21)」で行った完璧なタイミングでのインデックス買いとその後の処分で得た利益を、仮想通貨の損切りで相殺する形となりました。

今考えると、仮想通貨は2月に益出しした時に手を引いておけばという感じでした。ネットの流れを見ていればブームが来るのか去るのかが見えてくるのでまたブームがきそうであればその時に再突入すれば良かったのです。

今後の投資について

現在、記事「原油が記録的な暴落!株価インデックス投資なんてやってる場合か!?(2018/11/24)」で述べているように、原油の値下がりを予想して原油ショートの機会をうかがったいるのですが一つ重要な気がかりがあるのです。

それは、「原油投資は勝率が低い」ということで原油は好きだけど、これまであまり勝ててないのです。

反面、株価インデックスやVIX投資は、勝率が高いんですよね。ここ何回かの原油投資では、原油で負けた分をVIXが穴埋めするみたいな感じだったと思います。

これはVIXは金融工学でなじみがかなりあって冷めた目線でポジションを置いてるのに対して、原油はギャンブラー魂がくすぐられるからかもしれません。

変にフラフラせず、VIX投資に絞った方がきっと良いのでしょう。

VIX投資は、ずっと資金を遊ばせている時もあれば、急に必要になるときもあるのであまり他の投資に回していると余力管理がおぼつかなくなるのです。

ということで、来月の投資はVIXショート投資を引き続き維持してゆき、17を切り始めたところから緩やかにポジションを落としていく方針にしたいと思います。

ブログについて

ブログを始めて2年弱、このブログのアクセス数は月間1~2万PV程度で、1年以上この水準で伸び悩んでいる価値のないただの投資日記です。

これから価値のある、世間的にもニッチなVIX投資専門ブログに脱皮した方が良いのかもしれない。

もしくは「30代から新しい投資で富裕層に成り上がる!」のブログ名に沿うように、「成り上がり」に関するマネー記事を書いていった方が良いのかもしれない。

年末が近くなるに感じて、1年を振り返ってそう思うこの頃です。

それでは!

VIX取引はGMOクリック証券のCFDを使ってます!