2週間前の雇用統計→金利高のショックから、落ち着いてきました。

まず、恐怖指数VIXの原資産であるS&P500株価指数を見てみましょう。


S&P500は、ショック後に急上昇して反落しており、徐々に値幅が小さくなってきています。

ここらへんで落ち着けばまた上がりだすでしょう。

貿易戦争で中国の輸出業者が実際にダメージを受けているようですが、米国の景気はまだ盤石でしょう。

恐怖指数VIXについて

恐怖指数VIXの日足チャートを見てみましょう。2018年2月のVIXショックからのものです。

VIX現物は一時28.84まで上昇し、現在は19台で動きが小さくなってきました。

何もなければ、このまま上下しながらも、力尽きて下に落ちていくでしょう。

恐怖指数VIXはこの高水準を維持するのが難しいので、余力をもってショートするのみです。

投資について

現在のポジションは、以下の通りです。

【VIX投資】
米国VI[売]:$(17.9-1.64)×8000
米国VI[売]:$18.9×1000
米国VI[売]:$20.0×1000
米国VI[買]:$(14.5-1.64)×1000
米国VI[買]:$(14.0-1.64)×1000
米国VI[買]:$(13.8-1.64)×5000

VIX投資は、前回と変わらず、トータルで3000のショートです。

ここから先は、あまりやることがなさそうですが、もしさらにVIXが急騰するのであればショートを積み増すのみです。

VIXは上がるのは早いのですが、下がるのに時間がかかるので忍耐が必要ですね。忍耐というより暇です。

それでは!

VIX取引はGMOクリック証券のCFDを使ってます!