S&P500は連日の最高値更新に沸いています。昨年12月までのビットコインのように、これから先米国株は永遠に上がり続ける、米国株投資こそ最強の投資であるように感じますね。

さて、VIXの原資産である株価指数S&P500の日足チャートを見てみましょう。

S&P500は、引いていたレジスタンスを上にぶち抜いて、大加速しています。

明らかに過熱しすぎですね。

恐怖指数VIXについて

恐怖指数VIXの日足チャートを見てみましょう。2018年2月のVIXショックからのものです。

VIXの動きはおかしいのです。今までならS&P500が斉竹根更新祭りをしているときは10台を狙えるくらいにググっと下がっていたのですが、今は12付近です。

9月物のVIX先物に至っては14付近で、想定より全然下がってくれないので、S&P500に過熱感があって下方向の調整があると睨んでも、VIXロングできる水準ではないのです。

そのため、現状ではVIX投資はできないですね。

だが、株価は過熱し過ぎだと考えられる。そこで、米国株よりネガティブな日本株のショートを仕掛けました。

投資について

現在のポジションは、以下の通りです。

【インデックス投資】
1357 日経ダブルインバース[買]:1150円×5000

VIX投資はできなくても、株価が過熱しすぎ!という印象があるので、ここは日経ショートを仕掛けます。ちょうど23000円が抵抗ラインになるでしょうし、米国株よりも日本株の方がヤバい雰囲気があるにも関わらず、狂った上昇をしてますからね。

それでは!

VIX取引はGMOクリック証券のCFDを使ってます!