さて、相変わらず相場は好調で退屈な動きをしています。

この流れはもうしばらく続くと思うので、半分利益確定しつつも見守りたいと思います。

恐怖指数VIXについて

恐怖指数VIXの日足チャートを見てみましょう。2018年2月のVIXショックからのものです。

VIXは最近の下限である12付近から少し上昇してますが、上昇は微弱でやはりしばらくは急上昇できるエネルギーがないのでずるずると下方向の緩やかな波が続くと思います

投資について

前回の記事「ナスダック最高値更新で絶好調の米国市場、少し早いが来週は利確へ(2018/7/14) 」の宣言通り、VIXショート投資と日経ETF投資の半分を利益確定しました。

現在のポジションは以下の通りです。

【VIX投資】
米国VI[売]:$(16.6+0.7)×500→14.1で決済
米国VI[売]:$(17.0+0.7)×1000
米国VI[売]:$(16.1+0.7)×500→14.1で決済
米国VIは現在14.5
+0.7は限月移行時の調整額

【株価インデックス投資】
1321 日経225連動ETF[買]:22,000円×400→200へポジション半減
現在23,180円

VIX投資は、ポジションは安全のために半減させたものの現行の米国VIの8月物VIXが現物と乖離しており、まだ下げ余地があると見ています。

株価インデックス投資も利益確定しましたが、まだ上げ余地があると強気に見ていて、日経平均23,000円、日経ETFでは23,500円が利益確定の目標です。それ以上騰がったら日経ダブルインバースの準備をしたいと思います。

それでは!

VIX取引はGMOクリック証券のCFDを使ってます!