2018年6月の相場が終了しました。
今月は、史上初の米朝首脳会談で前半は盛り上がり、その後の米中貿易戦争で下落した相場でした。

日経平均は先月末から今月末にかけて、22,201.82円→22,304.51円と、+0.46
新興株投資のアクティブ運用で話題の「ひふみ投信」だと、52,069円→51,966で、-0.20%
コツコツ長期投資型の人気インデックス投信「セゾン バンガード・グローバルバランスF」は、14,117円→14,243円+0.89です。

バランスの良いポートフォリオを組むインデックス投資家だ0-+0.5%くらいだったのではないかと思います。今月は円安株安気味だったので外債投資のパフォーマンスが良かったと思います。

資産運用のスパイスとして話題の「ビットコイン」は、821,802円→705,368円と-14.17%!

6月の仮想通貨市場は、下落基調が続き、金融庁による業務改善命令や海外取引所による日本人投資家の締め出しなどで下げ足を早めました。

今月の資産状況

今月の資産状況は以下の通りです。

2018年5月末 → 2018年6月末
¥38,085,240 → ¥37,501,487(-583,753円)
(仮想通貨は含み益に対する税控除計算済)

今月は、日経ショートやVIXショートで細々と利益を上げたものの仮想通貨の下落に巻き込まれて大きくマイナスといった感じです。

今後の投資について

ETF投資に関しては、レンジ相場を予想し、安ければ日経225投信を買いエントリーし、23000円を超えたら日経ダブルインバースでまたショートに行く感じです。ただ、第二次トランプ減税も考えているようなので予想はやや上向きです。

個人的な景気のピーク予想はFRBがあと2-3回の利上げをした来年前半あたりが限界で、その後はカンフル剤が切れて息切れ相場になると予想してますのでまだ株は買い目線です。

VIX投資は、VIXの上昇局面なのでショートの仕込みを進めていきます。

仮想通貨投資は引き続き、メジャー通貨であるビットコインとイーサリアムを中心にこまごまとした売買はしつつも保有量を増やしていきたいと思います。

それでは!

VIX取引はGMOクリック証券のCFDを使ってます!

ビットコイン積立やネム・モナコイン・COMSAを買うならZaif!!