2018年3月の相場が終了しました。
3月は米国発の貿易戦争懸念やこれまで米国相場をけん引してきた巨大IT企業の株価バブルがフェイスブックショックにより崩れそうになるなど2月に引き続き、相場は恐怖感が強い相場でした。

日経平均は先月末から今月末にかけて、22,068.24円→21,454.30+配当373.02円と、-1.09%
新興株投資のアクティブ運用で話題の「ひふみ投信」だと、51.377円→51.005で、-0.72%
コツコツ長期投資型の人気インデックス投信「セゾン バンガード・グローバルバランスF」は、14,295円→13,872円で-2.96です。

今月は円高・金利高で外債を組み込んだファンドの調子が悪く、バランスの良いポートフォリオを組むインデックス投資家だと-3~-5%ほどのマイナスといった結果だったのではないかと思います

さて、資産運用のスパイスとして話題の「ビットコイン」は、1,120,500円→751,975円と-32.89%!

仮想通貨は、コインチェック事件を受けて金融庁からの規制が厳しくなったことや話題性が薄れたことから一旦熱気が冷めたのだと思われます。

今月の資産状況

今月の資産状況は以下の通りです。

2018年2月末 → 2018年3月末
34,276,251円 → 34,460,469円(+184,218円)
(仮想通貨は含み益に対する税控除計算済)

今月は、VIX投資の利益と仮想通貨の損失が打ち消し合って、実質ほとんど投資してないような感じになりました。

投資について

ETF投資に関しては、原油の高値を叩く原油ベアETN、日経平均の高値を叩く日経ダブルインバス、日経平均の急落時に拾う日経平均連動ETFの3つに狙いを定めて様子を見ています。

CFD投資は、VIX投資をちょこちょこやってます。米国VIブルETFの売りと米国VIの買いの両建てでレンジ相場を戦う感覚を掴んでいる感じです。

仮想通貨投資は、主に下がるネムを買い下がる投資をしていますが仮想通貨市場全体が重いのでマイナスです。

焦らずじっくりとチャンスを待つしかないですね。

それでは!

ビットコイン積立やネム・モナコイン・COMSAを買うならZaif!!