2017年もあと3週間となりました。
今年はETF運用による収益は約400万円確定し、既に源泉徴収で80万円ほど納付しています。

今年は振り返るとかなりチキンな運用で、何も起こらなかった今なら全力で株ETFやVIXショート投資してたら~と考えてしまいます。
(いや、全力でビットコインですね、確実に億超えしてた・・・)

さて、来年も利益が出るかはわからないので、今年の利益を来年に繰り越して、来年損しても税還付が自動的にできるようにします(源泉徴収アリの特定口座を前提)。

詳細は、以前の記事「ETFを使った株式・投信等の損益の翌年繰越について」で取り上げた通り、ETF両建てを限度一杯に行う予定します。

ETFは、「1552 国際のVIX短期先物」の両建てが最も値幅が出てよかったのですが、新規売りに規制がかかっているので、「1699 野村原油」を使います。

仮想通貨の場合だと、ビットコイン現物買いとビットコインFXの売りを組み合わせて損出しをする感じですね。
私の今年の仮想通貨は確定益ベースで僅かにマイナスとなるように調整済です。

現在の投資について

ETF投資に関して、現在のポジションは以下の通りです。VIXと原油のショート投資をしていますが、原油は動きがないので手仕舞いです。

2049 VIXベアETN
・長期保有目的 30,500円 × 100株
・11/16 追加買い 29,120円 × 100株

2039 原油ベアETN
・11/30 新規買い 9,530円 × 100株
・12/1  追加買い 9,500円 × 100株
・12/7 売却 9,630円 × 200株

VIXベアETNは80万円ほどの含み益があるので、このまま年越しで来年度利益にします。

原油ベアETNは当初見込みの暴落も起きず、値動きがなさ過ぎるので、節税クロスの余力回復に回します。

信用余力が回復次第、「1699 野村原油」の信用買いと信用売りを行い、損出しして来年度に利益を繰り越したいと思います。

それでは!

(201712/11追記:公開するのを忘れてました orz)