以前の記事「11/30のOPEC総会に期待上げする原油市場!そろそろ叩く準備!(2017/11/8)」で取り上げたOPEC総会が近づいてきました!

WTI原油のチャートを見てみましょう。
原油価格は減産延長への期待で高まっており、直近では少し調整していますが高値水準で推移しています。

上図にある通り、事前織り込みの段階でかなり期待しすぎているので、前回のOPEC総会と同様に終了後は上げ材料がなくなってガクッと調整が入ると予想します。

前回の2017年5月だと記事「原油急落で今回は負け!」であるように減産延長を決めた後に急落し、当時保有していた原油ブルETNは、記事「保有銘柄が値下がり率ランキング3位!完全撤退で現金100%に」であるように、酷いダメージ(含み益が全部吹っ飛んだ)を受けました。

その前の昨年11月のOPEC総会では、サウジとイランの対立から事前に合意が決まるか不確定で事前に原油価格上がらなかったため、減産が決まったときは大きく上昇しました。

上記のようにイベント前の織り込みでどれだけ期待しているかが、イベント後の動きを短期的に左右しがちです。

さて今回は、イベント前に期待しすぎたという状況は前回の2017年5月と同じですので、ショートでいきます。
投資銘柄は円建て原油価格の下落で上昇する「2039 原油ベアETN」です。

※具体的なETNの解説は記事「原油ETF/ETN投資について紹介」を参照。

今回は他の投資であまり余裕資金がないので、200万円程度の予算で、原油急落狙いで短期10%、20万円程度の利益を狙います。

タイミングは11/30の日本時間のイベント直前に100株ほど、OPEC総会の結果を見て、翌日にさらに100株仕込むというシナリオでいきましょうか。

それでは!