11月22日のNY市場は感謝祭の前日ということもあり、小動きでした。
S&P500種株価指数は0.08%安の2597.08。ダウ工業株30種平均は64.65ドル(0.3%)安い23526.18ドルでした。

ここ1週間は、相場は平穏に戻りつつあります。

恐怖指数VIXは、11/15に13を超えたものの現在は9.88に下がっています。
再び10を下回って低空飛行し始めました。

1週間前とVIX先物カーブを比較してみましょう。

VIX先物カーブは、期近物を中心に大きく下げています。
コンタンゴ率は、約12.2%と美味しいです。

VIXへの投資について

トランプ減税(下院共和党案)が予想よりも早く通過したことが、相場に安定感をもたらしています。
今後、上院共和党とどうすり合わせるかは不透明ですが、あまり懸念することでもないかと思います。

コンタンゴ率がかなり美味しいので、現在のVIXショート投資は引き続き継続です。

少し気になるのはドル円で「2049 VIXベアETN」は円高ダメージをもらってますが、コンタンゴの美味しさに比べれば大したことないので特に何も手当てしません。

というのも、ドル円が下がったのはFOMC議事録が予想以上にハト派寄りで、長期金利が下がっているためで、これは株式市場にとってはプラス、VIXショート投資においてもプラスとなりますからね。

今後の投資について

現在のポジションは以下の通りです。

2049 VIXベアETN 現在 32,200円
・長期保有目的 30,500円 × 100株
・11/16 追加買い 29,120円 × 100株

VIXショート投資は、利益を積み上げている段階です。
VIX先物カーブの形的にも(何もなければ)美味しい局面です。

今回、ポジションは比較的軽めですので、しばらく握っていきたいと思います。

 

それでは!