9月25日のNY市場は、ハイテク株の下げが目立つ展開でした。フェイスブックとアマゾン、ネットフリックス、グーグル親会社アルファベットのいわゆる「FANG」銘柄の下げが目立ち、ナスダック100指数は5週間で最大の下落です。

北朝鮮の李容浩外相が、「トランプ米大統領の最近の発言は宣戦布告に当たる」と述べましたが、ハイテク株以外はそんなに下落しておらず、単に高すぎるハイテク株に利益確定が入っただけともとらえられます。

S&P500種株価指数は前営業日比0.2%安の2496.66。ダウ工業株30種平均は53.50ドル(0.2%)下げて22296.09ドルです。

恐怖指数VIXは、10.21と10を上回りました。

VIX先物カーブを比較してみましょう。

VIX先物カーブは、現物と異なり、むしろ少し下げています。
コンタンゴ率は、約7.7%ですね。

株が下げたのにVIX先物が下げたのは、予想通り、ドイツ選挙が無事終了という材料があってのことでしょう。

VIXへの投資について

9月24日のドイツ総選挙はメルケル政権が4期継続することが決まりました。当初の想定通りここらでVIXショート投資は一旦手仕舞いです。

まだ下がるかもしれませんが、リスクリワードに見合わないと私は判断します。

今後の投資について

現在のポジションは以下の通りです。

2049 VIXベアETN 平均22,234円 × 100株 現在 25,350円
・8/15 新規買い 23,390円 × 300株
・8/17 追加買い 20,500円 × 200株
・9/13 利益確定 (23,300 – 22,234)円 × 100株 = +10.6万円
・9/14 利益確定 (23,930 – 22,234)円 × 100株 = +16.9万円
・9/19 利益確定 (25,250 – 22,234)円 × 100株 = +30.0万円
・9/21 利益確定 (25,630 – 22,234)円 × 100株 = +33.9万円

VIXショート投資は、約91.4万円の利益確定、約31万円の含み益です。

今日でポジションクローズですかね。

それでは!