9月13日のNY市場は、昨日に引き続き過去最高値を更新する勢いが続いてます。

S&P500種株価指数は前日比0.1%高の2498.37。ダウ工業株30種平均は39.32ドル(0.2%)上げて22158.18ドルです。

恐怖指数VIXは、10.5と微減です。

VIX先物カーブを比較してみましょう。

VIX先物カーブは、中期ゾーンを中心に下落です。VIX短期物はもう下げ切った感がありますね。
コンタンゴ率は、約12.7%→約12.4%とやや減少です。

 

VIXへの投資について

ここから先は、9月19-20日のFOMCや9月24日のドイツ総選挙といったイベントが控えてますが、今のところ特に懸念はされていません。

また、北朝鮮がいつ国連決議に対するミサイルを発射するかもわからない状況ですが、よほどでないかぎり影響は限られるでしょう。

VIXショート投資は、VIX下落よりも10%を超えるコンタンゴによる利益を狙う局面に移っています。
VIX急騰に備えて、ポジションはやや軽めにした方が良いかもしれません。

今後の投資について

現在のポジションは以下の通りです。

2049 VIXベアETN 平均22,234円 × 400株  現在 23,280円
23,300円 × 100株 売却 10.6万円 9/13 利益確定

VIXの下限がそろそろ見えてきたということで、過剰気味だったポジションを少し調整で持続可能なポジションにしていきたいと思います。
約10.6万円の利益確定、約42万円の含み益です。

本当は、200倍併合して空売り解禁となった1552国際のVIXちゃんETFの空売りへの鞍替えをしようかと思ったのですが、逆日歩具合がどんなものかとか確認したかったので様子見です。

昨日時点で1552は、2000株くらいの株不足が発生していますが、果たして逆日歩や如何に(たぶん5円だと思うけど)。

それでは!