8月24日のNY市場は、24日から始まったジャクソンホール会議で、25日のドラギ総裁とイエレン議長の講演を前に薄商いの中、上下にぶれながら推移し、結局小幅安で引けました。

S&P500種株価指数は前日比0.2%安の2438.97。ダウ工業株30種平均は28.69ドル(0.1%)下げて21783.40ドルです。

恐怖指数VIXは、ほとんど変わらずです。下げたとしても小幅な動きなら問題ないですね。

昨日と前営業日のNY終了時のVIX先物カーブを比較してみましょう。

VIX先物カーブは、わずかに下がっているという感じです。

さて、25日の日本時間で23時にイエレンFRB議長・28時にドラギECB総裁の講演が予定されていますが、内容は無難なものになるのではと言われてますが、市場は既に動く方向が決まっていて今回の講演で何もないことを確認してから大きく動くというようなことも考えられます。

VIXへの投資について

一連のVIX上昇はトランプ政権への政治不信や混乱からきています。

何度も言ってますが、政治リスクやテロ・地政学的リスクには、立ち向かうものです。
逆に、逃げるべき事象は、企業のバランスシートの資産を溶かすような事象(不良債権・不動産価格下落・ソブリン債の危機・通貨危機)などです。

最近は株価は割高なのですが、オバマ政権による金融規制により、火薬庫である金融機関が健康になり過ぎて、過度なリスクや不良債権を抱えてないので、火種があってもなかなかリーマンショックのような爆発につながらないことから、VIXについてはかつてのような水準に急上昇をすることは今のところ考えにくいです。

今後の投資について

現在のポジションは以下の通りです。

2049 VIXベアETN 平均22,234円 × 500株  現在 21,480円

約38万円の含み損ですね。VIXショート投資は恐怖に耐えるのが仕事なのでひたすら我慢ですね。

今回は2回の急落があったのでインバース減価を考えると、イベント完全終了後のオプション売りオーバーシュートによるVIX急降下を考えても、目標は25500円くらいでしょうか。

それでは!