WTI原油価格は45-46ドル付近で下落が止まりつつあり、先月のOPEC総会の急落から数えて15営業日を迎えているため、原油ブルETNを買い増しです。
さらに、昨日のEIA在庫統計でガソリン在庫が増加したことから45ドル割れとなっており、この価格はかなり安い水準ですので、さらなる追加買いを検討します。

また、ドル円ヘッジ目的と、前回の記事「ヒンデンブルグ・オーメン点灯でここから株は急落!?」で株価急落懸念があるため、日経ダブルインバースもほぼ同額買い増しました。

FOMCは大方の予想通り、利上げで数年かけた資産縮小計画が示されました。
市場の反応としては現在のところ冷静なようです。

今後の投資について

現在の投資は以下の通りです。

原油ブルETN 852.5円×4000株(2000株買い増し) 現在852円
日経ダブルインバース 1729.5円×2000株(1000株買い増し) 現在1758円

原油は、前回の記事「原油が下がって45ドル台!そろそろ買い始める!」で書いた通り、値下がりが止まっているのでチョイ買いしてます。
45ドル以下の水準はバーゲン価格ですので、ここからナンピン買いでポジションをさらに増やす予定です。

日経ダブルインバースは、ヒンデンブルグ・オーメン点灯で暴落チャンスがあると言えども、FOMCを通過して円高リスクは後退気味なのでこれ以上の積み増しは考えません。

それでは!