日経平均は20177.28円と2015年12月以来の2万円超えとなりました。

アメリカ相場がトランプ大統領から自立してITバブル入りして過去最高値を更新していることや、良好な米雇用統計によるFOMC利上げ期待(円安期待)、内需関連企業の業績好調なガイダンスを織り込んだと思われます。

噂で買って事実で売るをやや先取りしている感じで今は4-6月期決算が良さそうだから買い仕込んでいる状況ですね。ここのところ、株価は四半期決算前の1、4、7、10月に調整が入るので、7月に向けて事実で売るための調整が月の後半から入るのかなとは思います。

先月もGW明けに大きく値上がりして年初来を高値をつけてその後はうろうろしてましたが、今月はこの勢いは続くのでしょうか?

正直、よくわからないので待機です。
既に高くなってしまって勝てるかどうかわからない相場に無理に乗る必要はないのです。
高い相場に手を出しても、得られる利益は少なく、失うかもしれない損失は多くなります。

むしろ現金を常に一定の比率で持っておき、株価が大きく下がった時に買えるようにしておいた方が結果として得られる利益は大きくなります。株式市場は上がることもあれば、下がることもあります。今回、上昇相場に乗り遅れてもどこかで必ず下がりますから、次に大きく下がった時を待てば良いのです。下手に乗る必要はありません。

私は、日本株に関しては今年の大発会で売却してから手を出しておらず、今も現金100%なので「持たざるリスク」が直撃してますが、直撃したところで全く損はしていません。

群集心理に惑わされず、大きな獲物を狙うのが大事なのです。

今度の戦略

現在の状況は、過去の実績が良い(遅行指標の失業率等が良好)ですが、将来に向けてはアメリカのITバブルくらいしか希望はありません。
このまま現金100%でのんびり待機です。

明らかに高すぎたら、日経ダブルインバースを少しだけ買い込むかもしれません。

それでは!