本日の日経平均は上昇しましたが、2万円目前で失速しました。

トランプ大統領がFBI長官を突然クビにして議会の進行に暗雲が立ち込めているのによく上げるものなぁと思いながら見てましたが、そこまで買いの勢いが強いわけでもなく、円安にひっぱられているだけのようでした。

現在のNY市場はダウ平均株価やS&P500、日経平均先物はさすがに少しだけ下げに転じてます。
NY金価格が1220ドルあたりで下げ渋ってきてるので、そろそろリスクオンも限界でしょうか?

恐怖指数VIXも一昨日の記事で取り上げた歴史的低水準から戻しており、やはりリスクオンはここで一服かもしれません。

VIX

10.93

+0.72

VIX 5月物

11.91

+0.385

VIX 6月物

12.75

+0.275

個人的に今の安定的な景気状況での妥当なVIXは、現物で11~12、5月物は12.5~13、6月物は13.5~14くらいと見立てているので、まだまだVIXショートするには、早い水準です。VIXロングをすれば勝てそうですが、思うように上がらずに低空飛行を続けるとコンタンゴ減価の餌食になるのであまり乗り気にはなれません。

投資について

昨日の記事で宣言した通り、原油の回復を見込んで、原油ブルETNを初値買いしました。
ただし、原油ブルETNは解説記事で示したように円建てドバイ原油価格に連動するため、ドル円の影響も受けます。そこで、ドル円ヘッジを同じ特定口座内で行うため、日経ダブルインバースをほぼ同額(約350万円ずつ)買い合わせました。
こうすることで、為替の影響が緩和され、ドル建て原油のパフォーマンスに近いポートフォリオになります。

原油ブルETN 994円×3500株
日経ダブルインバース 1753円×2000株

大きく売り込まれていた原油の買いと大きく買い込まれていた日経平均(ドル円)の売りなので、なんとか勝てるかな?という実験的な試みです。

勝負期間は5月いっぱいで、5月25日のOPEC定例総会(ウィーン)では減産延長+追加的減産合意を予想。
目標原油価格はWTIベースで53~54ドル、ポートフォリオ収益70万円程度。
さて、どうなることやら。

それでは!