オバマケアを改廃して減税の税源を確保する法案が、共和党内の調整がまとまらずに採決断念となりました。
やはり、トランプ政権と米議会はグダグダです。

相場は失望しながらも、次に着手する税制改革に期待しているようで、米国株は小幅安、VIXも久々に一時14を超えましたが、引けには12.96まで戻してます。
しかし、財源を確保できそうもないのに、こんなグダグダな状態で税制改革はうまくまとまるのでしょうか?

今後の注目

まずトランプ政権から具体的な税制改革案を明らかにすることで、期待や失望で大きく動くと思います。
そしてその案を議会を通すことができるかでまた動くと思います。

個人的な予想としては、しばらくは思惑が交錯してもみ合い、税制改革案発表で期待上げして、議会と揉めて失望売り、通ったとしても材料出尽くし売りかなとなんとなく思ってます。

中国にも引き続き注目で、3月末予定の中国人民銀行の四半期マクロプルーデンスで、低確率ですがシャドーバンキング絡みのショックが起きるかもですね。

今後の戦略

いつでも投資できるようにしながら、ひたすら待ちです。