恐怖指数VIX等の新しい投資を模索していきます

記事

予想外に強い雇用統計で再びリスクオンする市場!低めの水準でVIXロングを狙う!(2019/12/6)

香港やウイグル自治区への米国の圧力により、米中対立が懸念されておりましたが、中国は抗議以外にこれといった反応もないどころか、米農産物の関税引き下げを進めようとしています。 トランプ大統領の米中合意は大統領選後でも構わない …

予想より強めの反動で一旦VIXロングは利益確定!再びVIXロングを狙う!(2019/12/4)

香港人権法案へのトランプ大統領の署名に続き、ウイグル自治区への弾圧を巡る中国当局への制裁法案が米議会で可決され、米中の対立が懸念されています。 ISM製造業指数も非製造業指数も悪い結果となり、目先はあまり良くない気がしま …

米中対立とISM製造業指数の弱さで急速にリスク回避する市場!VIXは久しぶりの16超え!(2019/12/3)

米中貿易交渉が一時合意してから続いてきた史上最高値更新相場ですが、香港人権法案へのトランプ大統領の署名や、ウイグル自治区への弾圧を巡る中国当局への制裁法案が米議会で審議されていること、トランプ大統領が12/15期限で関税 …

2019年11月の資産運用結果・資産状況

2019年11月の相場が終了しました。今月は、前月に引き続き、米中貿易交渉で一次合意に達したとこへの期待から好調な相場でした。 日経平均は先月末から今月末にかけて、 22,927.04 円 → 23,293.91 円と、 …

香港問題を乗り越えて米株最高値更新中!VIXロングの苦しい戦いは続く!(2019/11/27)

米中貿易交渉が一時合意してから続いてきた史上最高値更新相場ですが、香港問題をものともせず、署名への期待から米国株は連日の最高値更新相場となっています。 それでは、S&P500指数の日足チャートを見ておきましょう。 …

継続する米株最高値更新!VIXロングは撤退しながら再チャレンジ!(2019/11/16)

米中貿易交渉が一時合意してから続いてきた史上最高値更新相場ですが、さらに一段と急上昇しており、 ダウ平均は28000を超えました。これがバイイングクライマックスなのか通過点に過ぎないのかは不明ですが株価暴落の凶兆「ヒンデ …

史上最高値更新相場に点灯する暴落の凶兆「ヒンデンブルグ・オーメン」!ここらでVIXロングチャレンジ!(2019/11/14)

米中貿易交渉が一時合意してから続いてきた史上最高値更新相場ですが、今後も永遠に上がり続けるような気さえする強気ムードの中、ここで久しぶりに株価暴落の凶兆である「ヒンデンブルグ・オーメン」が点灯しました! 前回の8月の急落 …

再びリスクオンした相場にVIXロング撤退!(2019/11/2)

11/1のNY市場は、良い雇用統計と米中貿易交渉の一次合意が「原則コンセンサス」に達したと中国商務省が説明したことで、大きくリスクオンとなりました。 それでは、S&P500指数の日足チャートを見ておきましょう。 …

FOMC後の急落後の落ち着きを見てVIXロングに再チャレンジ!(2019/11/1)

昨日の記事「FOMC0.25%利下げ決定後、打ち止め示唆も市場はリスクオン!VIXロングは撤退も再チャレンジ準備!(2019/10/31)」にあるとおり、10/30のFOMCでは声明文で利下げ打ち止めを示唆したにも関わら …

2019年10月の資産運用結果・資産状況

2019年10月の相場が終了しました。今月は、米中貿易交渉で一次合意に達したため、堅調な相場でした。 日経平均は先月末から今月末にかけて、 21,755.84 円 → 22,927.04 円と、+5.38%。 新興株投資 …

FOMC0.25%利下げ決定後、打ち止め示唆も市場はリスクオン!VIXロングは撤退も再チャレンジ準備!(2019/10/31)

10/30のFOMCでは、FF金利を予想通り0.25%引き下げ、声明では「持続的な成長を維持するために適切な行動をとる」との文言が削除され、次回の利下げ明言を避け、利下げ打ち止めを示唆しました。 また、パウエルFRB議長 …

FOMCを前に絶好調すぎる株式市場!ここでVIXロングで勝負!(2019/10/28)

10/30のFOMCを前に、株式市場はぐんぐん上昇するまさに絶好調!の相場となっております。 それでは、S&P500指数の日足チャートを見ておきましょう。 VIXの原資産であるS&P500は、NY序盤の時 …

次のFOMCでドスンがあると見込んでVIXショートを解消!再びノーポジ待機へ(2019/10/21)

米中の部分合意がなされてから結構退屈な相場が続いています。 英国のEU離脱問題が話題ですが、仮に合意なき離脱になっても大した影響はないでしょう。 世界経済にとって大事なのは、米国と中国で、次いで日本やドイツですが2大国の …

急落する原油からVIXショートに転進!(2019/10/14)

米中貿易交渉の合意第1段が先週末に決まったということで、今後はFRBの利下げイベントもありますし、退屈な回復相場になりそうな予感がします。 そこで、前回の記事「部分合意した米中交渉だが、期待しすぎた株やVIXを避けて原油 …

部分合意した米中交渉だが、期待しすぎた株やVIXを避けて原油ロング!(2019/10/12)

さて、世界が注目する米中貿易交渉は「部分合意」もとい「合意の第1段階」に 達したと発表されました。 第1段階の合意では、中国による米農産品の大規模購入のほか、一部の知的財産権、為替、金融サービスの問題などについて合意。さ …

「ホワイトハウスで会う」発言でリスクオンする市場!トランプの「会う」は軽いぞ?(2019/10/11)

現在行われている閣僚級の米中貿易協議ですが、トランプ大統領から 記者団に「非常にうまくいった」と語り、「中国の副首相と11日にホワイトハウスで会う」ともツイッターに投稿し、市場にリスクオンのムードが一気に広がりました。 …

いよいよ米中交渉!ノーポジでイベント待ち(2019/10/10)

さて、いよいよ米国時間の10/10から閣僚級の米中貿易協議が始まります。 話がまとまれば、世界的な金融緩和も合わさって、回復の道へ進むでしょう。 しかし、交渉が決裂して12月にこれまでダメージが大きいので避けてきた品目に …

米中交渉を前にVIXショートは利益確定してノーポジ待機!(2019/10/7)

先週の相場はISM製造業指数が10年ぶりの低水準に悪化して株価が急落したものの、失業率が歴史的な低水準になったことから、強い反発となる忙しい相場となりました。 素直に考えれば、ISMのような景気先行指数が悪く、雇用統計の …

景気後退懸念やEUへの報復関税で株価暴落!とりあえず軽くVIXショート!(2019/10/3)

一昨日のISM製造業景況感指数が10年ぶりの低水準となったことや昨日の ADP全米雇用リポートが雇用の伸び悩みを示したことから、景気後退懸念が意識されるとともに、米国が対EUへの報復関税の最終リストを発表し、WTOも米国 …

2019年9月の資産運用結果・資産状況

2019年9月の相場が終了しました。今月は、FRBパウエル議長のハト派転換と米中の関係改善を期待して、前半は急回復、後半は伸び悩みといった展開でした。 日経平均は先月末から今月末にかけて、 20,704.37円 → 21 …

サトウアツシのプロフィール

30代前半のサラリーマン投資家。株式インデックス・原油・VIX・仮想通貨等が投資対象。

Twitter:@a2shi_sato

サイト内検索

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.