恐怖指数VIX等の新しい投資を模索していきます

記事

再びリスクオンした相場にVIXロング撤退!(2019/11/2)

11/1のNY市場は、良い雇用統計と米中貿易交渉の一次合意が「原則コンセンサス」に達したと中国商務省が説明したことで、大きくリスクオンとなりました。 それでは、S&P500指数の日足チャートを見ておきましょう。 …

FOMC後の急落後の落ち着きを見てVIXロングに再チャレンジ!(2019/11/1)

昨日の記事「FOMC0.25%利下げ決定後、打ち止め示唆も市場はリスクオン!VIXロングは撤退も再チャレンジ準備!(2019/10/31)」にあるとおり、10/30のFOMCでは声明文で利下げ打ち止めを示唆したにも関わら …

2019年10月の資産運用結果・資産状況

2019年10月の相場が終了しました。今月は、米中貿易交渉で一次合意に達したため、堅調な相場でした。 日経平均は先月末から今月末にかけて、 21,755.84 円 → 22,927.04 円と、+5.38%。 新興株投資 …

FOMC0.25%利下げ決定後、打ち止め示唆も市場はリスクオン!VIXロングは撤退も再チャレンジ準備!(2019/10/31)

10/30のFOMCでは、FF金利を予想通り0.25%引き下げ、声明では「持続的な成長を維持するために適切な行動をとる」との文言が削除され、次回の利下げ明言を避け、利下げ打ち止めを示唆しました。 また、パウエルFRB議長 …

FOMCを前に絶好調すぎる株式市場!ここでVIXロングで勝負!(2019/10/28)

10/30のFOMCを前に、株式市場はぐんぐん上昇するまさに絶好調!の相場となっております。 それでは、S&P500指数の日足チャートを見ておきましょう。 VIXの原資産であるS&P500は、NY序盤の時 …

次のFOMCでドスンがあると見込んでVIXショートを解消!再びノーポジ待機へ(2019/10/21)

米中の部分合意がなされてから結構退屈な相場が続いています。 英国のEU離脱問題が話題ですが、仮に合意なき離脱になっても大した影響はないでしょう。 世界経済にとって大事なのは、米国と中国で、次いで日本やドイツですが2大国の …

急落する原油からVIXショートに転進!(2019/10/14)

米中貿易交渉の合意第1段が先週末に決まったということで、今後はFRBの利下げイベントもありますし、退屈な回復相場になりそうな予感がします。 そこで、前回の記事「部分合意した米中交渉だが、期待しすぎた株やVIXを避けて原油 …

部分合意した米中交渉だが、期待しすぎた株やVIXを避けて原油ロング!(2019/10/12)

さて、世界が注目する米中貿易交渉は「部分合意」もとい「合意の第1段階」に 達したと発表されました。 第1段階の合意では、中国による米農産品の大規模購入のほか、一部の知的財産権、為替、金融サービスの問題などについて合意。さ …

「ホワイトハウスで会う」発言でリスクオンする市場!トランプの「会う」は軽いぞ?(2019/10/11)

現在行われている閣僚級の米中貿易協議ですが、トランプ大統領から 記者団に「非常にうまくいった」と語り、「中国の副首相と11日にホワイトハウスで会う」ともツイッターに投稿し、市場にリスクオンのムードが一気に広がりました。 …

いよいよ米中交渉!ノーポジでイベント待ち(2019/10/10)

さて、いよいよ米国時間の10/10から閣僚級の米中貿易協議が始まります。 話がまとまれば、世界的な金融緩和も合わさって、回復の道へ進むでしょう。 しかし、交渉が決裂して12月にこれまでダメージが大きいので避けてきた品目に …

米中交渉を前にVIXショートは利益確定してノーポジ待機!(2019/10/7)

先週の相場はISM製造業指数が10年ぶりの低水準に悪化して株価が急落したものの、失業率が歴史的な低水準になったことから、強い反発となる忙しい相場となりました。 素直に考えれば、ISMのような景気先行指数が悪く、雇用統計の …

景気後退懸念やEUへの報復関税で株価暴落!とりあえず軽くVIXショート!(2019/10/3)

一昨日のISM製造業景況感指数が10年ぶりの低水準となったことや昨日の ADP全米雇用リポートが雇用の伸び悩みを示したことから、景気後退懸念が意識されるとともに、米国が対EUへの報復関税の最終リストを発表し、WTOも米国 …

2019年9月の資産運用結果・資産状況

2019年9月の相場が終了しました。今月は、FRBパウエル議長のハト派転換と米中の関係改善を期待して、前半は急回復、後半は伸び悩みといった展開でした。 日経平均は先月末から今月末にかけて、 20,704.37円 → 21 …

ウクライナ疑惑やADR中国株上場廃止懸念で沈む株式市場!ここは見守りモード(2019/9/29)

今週の株式市場は、米中の関係悪化の懸念やウクライナ疑惑関連の悪材料もあり、高値圏での伸び悩みとなりました。 ウクライナ疑惑に関しては大統領が弾劾になる可能性は低く、弾劾されても共和党政権であることは変わらないのでロシアゲ …

部分合意を望まないトランプ発言を受けて、VIXショートと日経平均投資を利益確定!(2019/9/23)

前回の記事「突然のトランプ砲に冷や水を浴びる市場!来週は利益確定して撤退!(2019/9/21) 」の宣言通り、VIXショートと日経平均ETFへの投資の利益確定をしました! 投資について 現在のポジションは、以下の通りで …

突然のトランプ砲に冷や水を浴びる市場!来週は利益確定して撤退!(2019/9/21)

今週の株式市場は米中の貿易戦争が「暫定合意」に向かうという観測と、FRBによる利下げおよびパウエル議長のハト派継続により、リスクオンの勢いを増してきましたが、週末9/20金曜夜のトランプ大統領の発言により、冷や水を浴びせ …

米中暫定合意への期待と金融緩和で持たざるリスクを意識して急回復する株式市場!(2019/9/15)

米中の貿易戦争懸念がだいぶ緩和した一週間でした。双方にとって比較的簡単な問題で「暫定合意」するなんて話も出ており、米国は10/1発動の追加関税を2週間遅らせたり、中国も大豆などを関税リストから除外するなど歩み寄りが見えま …

米中閣僚級協議への期待で上方向へレンジブレイクした市場。しばらくは退屈な相場になりそう(2019/9/8)

米中の閣僚級協議が10月初旬(当初は9月だったが準備のために延期した)に行われる予定ということで、その期待や、月初のトランプ砲がなかった安心感からか、先週は相場が大きく回復しています。 それでは、S&P500指数 …

2019年8月の資産運用結果・資産状況

2019年8月の相場が終了しました。今月は、先月の米株最高値更新ラッシュから打って変わり、パウエルFRB議長の追加利下げ否定から米中貿易戦争の激化による暴落相場となり、下旬にジャクソンホール講演で パウエルFRB議長が追 …

米中9月の対面協議期待で回復方向へ動く市場!レンジブレイクなるか?(2019/8/29)

トランプ砲が怖くて動くに動けない相場でしたが、中国商務省が 9月の対面協議について話し合っていることが伝わり、相場ではリスク回避ムードが一気に和らいできました。 今週はトランプ大統領が中国から協議再開の連絡があったことを …

サトウアツシのプロフィール

30代前半のサラリーマン投資家。株式インデックス・原油・VIX・仮想通貨等が投資対象。

Twitter:@a2shi_sato

サイト内検索

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.